使わないアイシャドウをアレンジ!捨て色の活用法8選

2019 10/23
使わないアイシャドウをアレンジ!捨て色の活用法8選

ついつい買ってしまうアイシャドウパレット。

だけど使う色はいつも決まってて、全然使っていない「捨て色」の使い道に困っている方も多いのでは?

この記事では、使わないアイシャドウの活用法をご紹介しています。

アイシャドウを捨てる前に、チェックしてみてください。

目次

明るめのベージュやホワイトはハイライトに

画像

明るめのベージュやホワイトなどの色はハイライトとして使うことができます。

大き目のラメが入っているものより、パール感があるもののほうがきれいに仕上がります。

眉尻の下側や鼻筋、目頭、上唇の山などに仕込むと、立体的な印象に。

マットなブラウンカラーはシェーディングに

画像

マットなブラウンカラーはシェーディングとして活用できます。

ただし、肌の色に比べて暗すぎる色やラメ感が強いものは向いていないので注意してください。

太いブラシで取って、フェイスラインを削るように入れましょう。

おでこやもみあげにも入れると、より小顔効果が得られます。

マットなブラウンカラーはアイブロウパウダーとしても

画像

マットなブラウンカラーはアイブロウにもおすすめです。

自眉毛の色味に近いトーンを使用すると失敗しにくいです。

眉毛用の細めのブラシでアイシャドウをとって、眉尻から書いていきましょう。

よりナチュラルに見せたい人は、自眉毛の色味に近いブラウンと、明るめのブラウンの2色使いがおすすめ。

明るいブラウンを眉頭にのせると、自然な印象に仕上がります。

ラメ入りのアイシャドウはリップグロス・口紅に

画像

ラメの入ったアイシャドウは、トレンドの「グリッターリップ」を作るのに最適。

アイシャドウをワセリンや手持ちのリップバーム、グロスに混ぜて、唇にON。

ブラウンのアイシャドウを使えば、トレンドのブラウンリップだって作れちゃいます!

イベントなどで派手に仕上げたい場合は、口紅を塗った後にアイシャドウをブラシでのせるとよりキラキラに。

ブラウン&ブラックはアイライナーに!ポップな色を使えばカラーライナーとしても

画像

暗めのブラウンやブラックなどのアイシャドウは、細いブラシで取ってアイライン風に。

リキッドのアイラインより、目元がきつくなり過ぎないのが特徴です。

より、リキッドアイラインっぽく仕上げたい場合は、少量のリップクリームやワセリンと混ぜて使いましょう。

また、赤や緑、青などポップなカラーを使えば、カラーラインとしても◎。

カラーメイクに挑戦したいけど、わざわざ買うのはもったいないという方にもおすすめです。

マニキュアに混ぜれば自分好みの一色が作れる

画像

アイシャドウをトップコートやクリアカラーのマニキュアに混ぜれば、世界に一つだけのマニキュアができるかも。

  1. 少量のマニキュアをプラスチックの容器に入れ、アイシャドウを少しずつ混ぜましょう。
  2. 一気に入れると混ざりにくくなるので注意してください。

また、アイシャドウを使えば簡単にグラデーションネイルを作ることができます。

  1. まずは、爪にトップコートもしくはマニキュアを塗ります。
  2. マニキュアが乾かないうちに、アイシャドウチップでアイシャドウを爪先にポンポンとのせていきます。
  3. トップコートを重ねます。
  4. 再度、爪先にアイシャドウをチップに取ってポンポンとのせます。
  5. 仕上げにトップコートを塗れば完成です。

不器用な方でもきれいなグラデーションが作れますよ。

ピンク、赤、オレンジはチーク

画像

ピンク、赤、オレンジなどのアイシャドウはチークに。

指でアイシャドウを取って、ほほの中心からのせていくと濃くなりすぎません。

ダークなマットブラウンを使って生え際メイク

画像

小顔になりたい人は、生え際シェーディングに挑戦して。

ダークなマットブラウンのアイシャドウを中サイズのブラシにとって、生え際を埋めるようにのせていきます。

仕上げにもみあげにさっとひと塗りすれば完成です。

髪の分け目が気になるという方は、分け目を隠すように塗っていくと地肌が目立たなくなりますよ。

まとめ

使わなくなったアイシャドウが違うアイテムとして活用できるのはうれしいですよね!

皆さんもぜひ挑戦してみてください。

 

目次
目次