【レビュー】The Ordinary 人気No.1美容液 ”Buffet”(ビュッフェ)

The Ordinaryの「”Buffet”」はアンチエイジングに効果があると話題の美容液です。

The Ordinaryの代表作で、使い方もシンプルなためThe Ordinaryはこの”Buffet”からスタートする人も多いほど。

この記事ではThe Ordinary(ジ・オーディナリー)の「”Buffet”(ビュッフェ)」の

  • 人気の理由
  • おすすめの使い方や注意点
  • 併用NG商品
  • 実際に使ったレビューやSNSのリアルな口コミ

についてまとめています。

時期によっては敏感肌になる私でも”Buffet”は刺激など気にならず2本使い終わり、しっとり肌をキープできています。

”Buffet”が気になるひとは参考にしてくださいね。

The Ordinary (ジ・オーディナリー)

2016年に誕生したカナダ発のヴィーガン・スキンケアブランド。

高級ブランドに匹敵する高品質のセラムやクリームがプチプラ価格(1000円前後)で買えるので、多くの芸能人や美容マニアが絶賛しています。

【商品概要】“Buffet” Multi-Technology Peptide Serum
エイジング対策のための総合美容液

  • ブランド:The Ordinary (ジ・オーディナリー)
  • 商品名:“Buffet” Multi-Technology Peptide Serum
  • 発売国:カナダ
  • 容量:30ml
  • 価格:2,000円前後

“Buffet”はペプチドや11種類のアミノ酸、ヒアルロン酸等がバランスよく配合されているオールインワンの総合保湿美容液です。

The Ordinaryの元CEO自身がとても力をかけ作り上げた自信作で、The Ordinaryの中でも1、2を争うほどの人気商品

公式サイトには、”これらの成分の組み合わせを提供する高価な商品を「Buffet」と呼んでいるブランドからインスピレーションを受けています”とちょっと皮肉ともいえる名前の由来が書かれています。

Note: The name of this formula was inspired by some brands referring to their expensive products offering combinations of these technologies as a “buffet”, distastefully comparing such products to buffets that offer various kinds of food in one sitting.

引用:The Ordinary

【評判】高価な「ペプチド」が破格の価格設定
一流ブランドの美容液にも使用されているペプチド

美容業界で話題の「ペプチド」。日本の高級ラインのブランドにも「ペプチド」は使用されています。

”Buffet”にはペプチド5種類とヒアルロン酸だけで25.1%と、高濃度で高級ペプチドが惜しげもなく詰め込まれています(ペプチドのみの含有率は不明です)

ペプチドについて簡単に説明すると、ペプチドとはアミノ酸が複数つながったものです。

ペプチドとアミノ酸の構造図
参考:NIKKEI STYLE

このペプチドの美容効果は

  • シワ改善
  • ハリや弾力UP
  • 保湿 

などがあげられます。

お肌のプルプルパンパン感はペプチドのおかげ・・・?

ペプチドはとても高価な成分のため他のメーカーで含まれていても1万円以上するものばかりなので、The Ordinaryは破格な価格設定になっていると断言できます。

【レビュー】ハリ感UPでもっちりしっとり肌に
“Buffet” Multi-Technology Peptide Serumの使用感をチェック

①使用感・テクスチャー

ヒアルロン酸とよく似ていてどろっととろみのあるテクスチャーです。

buffetの写真
かなりとろみのあるテクスチャー

肌につけた瞬間からもちもちした感覚があると思います。ペタッとはしますが、すぐにベタつきはおさまります。

1~2滴で顔全体にのびるので、コスパも抜群です。

buffetを手に乗せている写真
ほっぺだけならこの量で十分
buffetを手の甲に広げている写真
1滴でかなり伸びがいい

少しだけ糊のようなニオイがかすかにしますが、無臭といえるレベルです。

②使い方
初心者でも使いやすい

  1. 朝・夜のケアに使用
  2. 洗顔後、クリームやオイルの前に数滴のばす
  3. 数分浸透を待ってから次のケア

“Buffet”のいいと思うところは朝にも使えるところ。濃度の濃い美容液は紫外線に弱いことから夜のケアが多めですが、“Buffet”は朝の化粧水代わりに使えるのでうれしいポイントです。

ただし化粧品によっては相性が悪くポロポロしたものが出てくる場合があるので注意

少しべたつきがあるのでメイクする前は少し置いてからがいいかと。

私は朝は”Buffet”を導入美容液として使っており、”Buffet”のあとに化粧水をしてから化粧をしています。

朝の使用はおすすめできないという人が多かったです

③ エイジング効果
シワを軽減し、ふっくらとハリのある肌に

アンチエイジング美容液とも呼ばれている”Buffet”は、高濃度なペプチドやヒアルロン酸が入っているためシワ改善や保湿効果に優れていると言われています。

The Ordinaryで一番のおすすめ商品という人も

私は乾燥肌ではないのですが、”Buffet”を使い続けてみてもちもち感しっとり感は確実にUPしたと感じました。

特に夜は”Buffet”のあとに乳液で蓋をしてあげるだけで朝起きるとその変化が感じられました。現在3本目使っています。

1万円超えるクリームより効果のあるBuffet

【その他】口コミ・よくある質問

効果がわかりにくい人も?

口コミをみると「シワに効果があった」「保湿力が高まった」などのレビューはたくさんありますが、「効果がわからない」などのコメントも実は見かけます。

複数の商品を使っていると分かりにくいかも…?

使い続けることでお肌がモチモチで調子が良くなる効果があるとされていますが、シワがない人や乾燥肌ではない人などにとっては効果は感じにくいかもしれません。

そいういう意味では幅広い年齢層向けですが30代以降の人に合っているのかもしれませんね。

20代に多かったのが劇的な変化は見られないとの声

“Buffet”と“Buffet” + Copper Peptides (コッパーペプチド)1%の違いは?

“Buffet” + Copper Peptides 1%

今回紹介している“Buffet”以外にもうワンランク上の“Buffet” + Copper Peptides (コッパーペプチド)1%という商品があります。

  • “Buffet”の成分に1%のコッパー(銅)ペプチドが含まれている
  • “Buffet”の効果に加え、コラーゲン生成、抗炎症反応のような広範囲の皮膚健康機能などが追加
  • 併用不可の製品が一つ増え酸化防止剤の商品はすべて併用NG
  • 価格は“Buffet”の約2倍(The Ordinaryの商品で一番高価)

“Buffet”に比べて少し強めのアンチエイジング美容液と考えていただけると分かりやすいかと思います。

併用不可の商品や注意点は?

公式サイトによると「Direct Acids(酸)」と「pure Vitamin C(ビタミンC)」を含む商品は同時併用NGとなっています。

引用:The Ordinary

具体的にはピーリングや乳酸などの酸や、サスペンションなどのビタミンC (L-アスコルビン酸、エチルアスコルビン酸)の商品のことをさします。

朝・夜分けてなら使用OKです。

【総評】The Ordinaryでアンチエイジングならまずは”Buffet”(ビュッフェ)
刺激が少なく、全肌タイプに使えます

The Ordinaryのほかの商品に比べると即効性はないかもしれませんが、刺激が少なく全肌タイプに使えるので、初めてThe Ordinaryを使うのならまずは “Buffet” がいいと思います。

肌のたるみやシワ、ハリに悩んでいる方にはおすすめできる商品だと思います。目元付近も使えるので目元のシワが気になる人にもおすすめです。

テクスチャは少し粘りがありますが、クセがなく毎日使いやすいアイテムですよ。

こんな人におすすめ

  • The Ordinaryを初めて使用される方
  • 肌のたるみやシワ、ハリに悩んでいる方
  • 目元のシワが気になる方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる